第64回ボートレースメモリアル情報⑦

2018年・SGシリーズ第5戦「ボートレースメモリアル」

8月21日より8月26日まで「ボートレースまるがめ」で開催されます。
全国24の各ボートレース場から推薦された選手が出場します。
実力者」「人気選手」「期待の若手選手」など…
豪華メンバーが集結の大会ですので…
4名ずつ出場選手を紹介していきます。

 

①中島孝平(福井)

★堅実レーサー★
今年のSGシリーズ第2戦・オールスターの優勝者。
引いたモーターが良ければ、そのまま成績に繋がる。
好成績を残している節であれば、安定感あるレースをする選手。
捲りよりも、差しが上手い選手なので…
内枠に攻める選手がいると、ピンで予想しやすい…
メモリアルでも引いたモーターに注目が必要。

 

②笠原亮(静岡)

★大外仕事人★
展開ついてというより、決めの捲り差しが上手い選手。
5枠&6枠のときに捲り差しが決まる印象
ピット離れに難がある選手なので、内枠艇のときは注意が必要。
1枠や2枠時にピット離れ遅れると進入がごちゃつくレースになるので…

③井口佳典(三重)

★三重の勝負師★
今年のSGシリーズ第1戦クラシックの優勝者です。
2コースからの圧巻の捲り勝ちでした。
数年前まではスタート「ぶちこみます」宣言をしていたが…
あまりスタート勝負する選手ではなくなっている気がします。
まぁ、それでも良いと思いますが…
スタート勝負しなくても十分勝負出来る選手ですので。

④森高一真(香川)

★四国の仕事人★
今大会は地元SGなので注目を集めるかもしれません。
初日ドリーム戦6枠になったことが「おいしい
地元開催なので前付けにいくのは確定的(普段から前づけいく選手だし
ドリーム戦は6着でも「5点」が入る。
このドリーム戦で一つでも上位着であれば地元SG制覇の可能性が増す。
初日から注目したい選手の一人です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください